​これまで、演奏会のツアーなどで、いろんな場所を訪れました。写真をクリックしていただくと、その場所の説明やホームページのリンクがあります。興味ありましたら、お立ち寄りください。

13th May 2013, Ex Cathedra スペインツアー@セビリア、サルバドール教会
Show More
サルバドール教会
ピンク色と白色の外壁がとっても鮮やか。
教会のリンク↓
リハーサル@サルバドール教会
Director : Jeffrey Skidmore

内部は、これはまた豪華。。。祭壇は黄金。
リハ終了後、馬車で観光
Show More
18th Dec. 2012, Duo Tonos @ St Mary Church, London
  Monteverdi :  Laudate Dominum
Duo Tonos
Tenor : Carlos Gomez
Baroque Harp : Mie Ito
Show More
​7th Feb. 2012  Ligature @  キングスカレッジ 礼拝堂、ケンブリッジ
礼拝堂
15 世紀後期ゴシック建築の礼拝堂。1446年よりヘンリー6世によって建て始められたが、薔薇戦争とヘンリー 6 世の死によって中断され、ヘンリー8世の時代に1547年に完成。完成まで1世紀以上もかかりました。
美しい芝生と噴水
コート中央の噴水には、宗教と学問を象徴する彫刻と共に、上には、ヘンリー6世像「ボーイ・キング」がのっている。
ゲートハウス
建築家ウィリアム・ウィルキンズ作。代表作はロンドンのナショナル・ギャラリー。
ステンドグラスとルーベンス
中世の美しいステンドグラスの下には、ベルギーの画家、ルーベンスが 17 世紀に描いた「東方三博士礼拝の図」(1634作)。
パイプオルガン
オルガンは1666年から1668年にかけて作られたが、現存するものは1688年、ルネ・ハリス作。
Show More
22th May. 2012 BBCラジオ3In Tune LIVE 『タンクレディとクロリンダの戦い 』抜粋
BBC 本社
BBC本社のある、シティ・オブ・ウェストミンスターには多くの企業の本社や本拠地が集まっています。
出番まで待機ーーー
ハープは、師匠のアンドリューと2台ハープで
BBC In Tune リンク
プレゼンターのシーン・ラフェルティ
Sean Rafferty presents live music from Director Andrew Lawrence-King
Show More
24, 25th May. 2012 タンクレディとクロリンダの戦い @ ウォレス・コレクション, ロンドン
ウォレスコレクション
1897年設立。第四代ハートフォード侯爵リチャード・シーモア=コンウェイのプライベートコレクションを展示したのが始まり。息子リチャード・ウォレスに引き継がれ、「ウォレス・コレクション」の名がついた。15世紀から19世紀にかけての世界的に有名な美術作品、装飾美術作品、18世紀フランスの広絵画作品、家具、武具、甲冑、磁器、そしてオールド・マスターの絵画作品を25室のギャラリーに展示されている。
リハーサル@GSMD
大ギャラリー
The Great Galleryは、絵画のコレクションが飾られる中で、一番大きい部屋が2階の「グレート・ギャラリー」。
ランチタイムコンサート
Combattimento short performance
本公演
Full Performance including Combattimento, Die Fechtschule & La Barriera,
Includes pre-performance discussion: Tactus-Action-Vision with Andrew LawrenceKing, Klim Zhukhov & Prof Jane Davidson (Centre for the History of Emotions,
University of Western Australia)
3台バロックハープ
3台バロックハープの通奏低音、迫力あります!!
Show More
19th Feb. 2013 コラム企画 ヘンデルとホスピタル礼拝堂 1749 Birthday Concert @ セントアンドリュース教会
St. Andrew's Holborn
教会の起源は謎に包まれているが、最初に書かれた記録は951年。1666年のロンドンの大火事に巻き込まれる寸前、風向きが変わり、教会は救われる。
この教会には、ヘンデルが演奏したオルガンのケース、トマス・コラムの墓、ファウンドリング病院から運ばれてきた、聖壇、フォントがある。
コラム Coram
ヘンデルと同時代の慈善活動に力を入れたトーマス・コラムは、1739年イギリスで初めて放棄された子供達のために、慈善施設を設立。後援者、寄付者にはウイリアム・ホガースやヘンデルがいました。ヘンデルは1749年5月にこの養育院の寄付金のため、チャリティーコンサートを行ない、メサイアを含む、合唱作品、Foundling Hospital Anthemを演奏したと言われています。養育院が「芸術の殿堂」として上流階級の慈善活動の受け皿に変貌した結果、養育院での慈善演奏会が「メサイア」の人気と評価を決定づけたという解釈もあるよう。
ヘンデルのオルガンケース
オルガンは、18世紀のケースに収められた20世紀の楽器で、1989年にMander Organsによって建てられたもの。
しかし、オルガンの上部ケースワークは、1750年、養育院礼拝堂用に建てられた時、ヘンデルのデザインした、オリジナルのもの。
歴代のオルガニストには、ヘンリー・パーセルの弟、ダニエル・パーセルもいる。
トーマス・コラムの墓。
The Tomb of Cap. Thomas Coram(1666-1751)
聖壇
The Chapel Pulpit
Show More
13th March 2013, GSMD Cantata Project コブコレクション @ ハッチランド  サリー州、イギリス
ハッチランド
ハッチランドパークは、サリー州ギルフォードにあり、ナショナルトラストに登録されている。
1750年に建てられた屋敷と400エーカーものガーデンが公開されている。
コブコレクション
ハッチランドには、The Cobbe Collection、アレック・コブ氏 Alec Cobbe (1945-) の鍵盤楽器や絵画のコレクションが展示してある。ショパンが所蔵していた、プレイエル(1846)が、数年前に発見され話題になったピアノも展示されています。
ショパンのピアノ
Chopins OWN Grand Pipano byPleyel&Compagnie, Paris, 1848
右 Girolamo Zenti, Harpsichord 1622
SIr Peter Lely
Barbara Lilliers, Duchess of Cleveland(1640-1709) with her Daughter, Lady Charlotte FitzRoy(1664-1718)
Show More
22,23th June 2013, パーセル『ディドとエネアス』@ St Stephen's Church, ハムステッド、London 
『ディドとエネアス』
Director: Peter Fender
St Stephen's Church
ロンドンのハムステッドにある、ネオゴシックスタイルの聖ステファン教会。1870-
Continuo Team
カーテンコール
Show More
25th July 2013 Defleo “Scherzi Musicali ” @ セント・パンクラス教会, London
セントパンクラス教会
ユーストン駅の目の前にある教会で、19世紀に建てられた、ギリシャ・リヴァイヴァル建築。
rehearsal
Songs, scenes and madrigals of love, madness and sadness, by Claudio Monteverdi and others.
コンサート後
ステンドグラスが美しい。。。
Nicola Said - soprano
Alicia Gurney - mezzo-soprano
Dionysios Kyropoulos - bass

James Bramley - theorbo & Baroque guitar
Mie Ito - Baroque harp
Henry Drummond - viola da gamba
Show More
4th Aug. 2013, イタリアでのソロリサイタル @ ボローニャ、聖ヨハネ教会
マッジョーレ広場 Piazza Maggiore
ボローニャの中心部にある広場。中央にはジャン=ボローニャが彫刻を手がけた海神ネプチューンの噴水。周囲をサンペトロニオ聖堂、中世に建てられた市庁舎、ポデスタ宮殿、エンツォ王宮殿に囲まれる。
ボローニャの斜塔
コムナーレ宮殿
1290年着工、1425年の火災の後に建築家フィオラヴァンテ・フィオラヴァンティによって再建。14世紀の建築で、現在はボローニャの市庁舎。
市立美術館やモランディ美術館も併設。
ファサードにはテッラコッタ製の聖母子像(15世紀)やグレゴリウス13世(16世紀)などがある。
宮殿の前には、「ネプチューンの噴水」がある。
ポデスタ宮殿
13世紀のアレンゴの塔を核にして建設。市民のとって重要なイベントの折に鳴らされてきた鐘楼は15世紀に設置されたもの。ファサードは1485年にルネッサンス様式で作り直された地上階にポルティコを持つ姿です。
ポルティコ
ボローニャは、ポルティコと呼ばれるアケードが張り巡らせてあります。40度越えの真夏、本当助けられました。優れものです。
solo recital @ Parrochia di Monte San Giovanni
Show More
7,8th Sep. 2013 Orfeo with SPAC & 静岡児童合唱団@ 静岡芸術劇場
舞台芸術公園
SPACの拠点である、舞台芸術公園の宿泊所に泊まりました。緑に囲まれて、とても気持ちが良いです。
リハーサル@静岡芸術劇場
歌手、俳優、合唱、オーケストラの出演者総勢47人全員が集まり、リハ開始!

オケは、
管弦楽:ムジカ・パシフィカJPN(主宰:戸崎廣乃)
ヴァイオリン:キャサリン=マッキントッシュ・三輪真樹/ヴィオラ:廣海史帆・荻野美和/チェロ・高橋弘治/ヴィオローネ:徳島大蔵/リコーダー:太田光子・浅井愛/バロックハープ:伊藤美恵/キタローネ、バロックギター:佐藤亜紀子/チェンバロ・オルガン:戸崎廣乃/チェンバロ:中村文栄/打楽器:立岩潤三
キャサリン・マッキントッシュ
キャサリン先生は、この日の朝、成田に到着し、
そのまま静岡まで車で移動。。。長旅をものともせず、さっそく稽古に参加されました。
「室内楽コンサート」
チラシ
オルフェオとエウリディーチェ
オルフェオ:辻康介
太刀川昭(音楽・牧人・使者・プロセルピーナ) 戸崎文葉(エウリディーチェ・エコー) 淀 尚子(希望) 福島康晴(牧人・霊・アポロ)望月忠親(牧人・霊)阿部大輔(牧人・霊)蓑島晋(牧人・霊)
Show More
14th Sep. 2013 英国リュート協会 若手演奏家のためのコンサート@ The Dutch Church
ミニリサイタル
Baroque Harp : Mie Ito
James Bramley : Theorbo
The Lute Society Recital
English and Italian Lute Duets
Ryosuke Sakamoto and Sam Chapman - renaissance lutes
wirth 坂本龍右さん
バーゼルから、若き期待の星、坂本龍右君とサムさん
with マイケル・ロウ
マイケルは、リュート製作家のパイオニアでもあり、もう人生分の注文もあるとか。。。
Show More
25-29 Sep. 2013, Spiritato ダニエル・パーセル『The Judgment of Paris』レコーディング
%E5%86%99%E7%9C%9F%EF%BC%9ASpiritato_edi
写真:SPIRITATO2
%25E5%2586%2599%25E7%259C%259F%25EF%25BC
%E5%86%99%E7%9C%9F%EF%BC%9ASPIRITATO%20%
%E5%86%99%E7%9C%9F%EF%BC%9ASPIRITATO%20%
録音終了後、近くの公園にて。
Show More
Spiritato CD.jpg
8th Oct. 2013 GSMD Cantata Project @ St Martin in the fields
St Martin in the fields
St Martin2
St Martin 8
St Martin 4
Show More
16th Oct. 2013 Defleo @ ウィグモアホール, London
rehearsal
rehearsal
エントランス
赤絨毯の廊下
イギリスの建築家トーマス・コルカットのルネッサンス様式で、内装にはアラバスター(雪花石膏)、大理石が壁面、床面、階段などにふんだんに使用されている。
Wigmore Hall
舞台天井は、ドーム型になっていて、ジェラルド・モイラのクーポラの'音楽の魂を描いた天井画が印象的。
音響もバロックには最適で、イギリスで一番好きなホール。数えきれないほど足を運びました。
グリーンルーム(控え室)
歴代の演奏家達のサイン入り写真が...伝統を感じるこの部屋にいるだけで、幸せを感じます。
Show More
10th,16th Dec 2013 Defleo『Stile Rappresentativo』@ クレアカレッジ 
クレア・カレッジ
ケンブリッジ大学では2番目に古いカレッジで、リベラルな大学として知られている。合唱やオケが盛んで、作曲家のジョン・ラター、ロジャー・ノリントンや、AAMのリチャード・エガーも卒業生。
白洲次郎が、若い頃留学したのもクレアカレッジ。
礼拝堂
rehearsal@礼拝堂
学食
ハリーポッターな気分にさせられます。
クレアカレッジバー
パイプオルガン
Show More
5th Dec. 2013 Guildhall & Academy of Aicient Music @ ギルドホール音楽院
@ Music Hall
with パブロ先生
Show More
13th Jan. 2014, HFJ第11回オラトリオ《サウルSAUL》(HWV 53)全曲公演@浜離宮朝日ホール
ダヴィデ: 中村裕美 (Ms)
オラトリオ《サウル》(HWV 53)
David's Air : Harp solo
Show More
12th March 2014 ロンドン・ヘンデルフェスティバル @ 聖ジョージ教会 Hanover Square
St George's Hanover Square
この教会は、イギリスを愛し、1726年に帰化したイギリス市民となった、ヘンデルが通っていた教会。
Concert
祭壇の上には、ウィリアム・ケント(1684-1748)が17世紀のフランスの画家ニコラプサンのスタイルで描いた『最後の晩餐』の大きな絵が収められています。
ヘンデルフェスティバル
毎年開催される、ヘンデルフェスティバル、ヘンデル声楽コンペティションの会場の一つとなっています。
ヘンデルフェスティバルのリンク↓
Show More
April 2014 International Harp Festival Edinburgh 
Show More
2nd June 2014 Mie Ito バロックハープリサイタル @ St Martin-within-Ludgate, ロンドン
5種類のハープと
中世ハープ
ゴシックハープ
イタリアン・バロックハープ
スパニッシュ・バロックハープ
アイリッシュハープ
with エマ・カークビー と。
Show More
11th -21st June 2014 ストラデッラ『聖ヨハネ』@Milton Court 劇場, London
milton-court-concert
Show More
29th June. 2014 @ ヘンデルハウス & Crown Court Church of Scotland
ヘンデルハウス in ロンドン
ぼっとしていると通り過ぎてしまう、ちょっと分かりづらい小さな入り口。1723年から1759年までの間、ヘンデルが住んでいた家です。隣のフラットは、ギタリストのジミー・ヘンドリックスが住んでいたそう。
エントランス
裏道を通ると、入り口があります。ロンドンの中心地、ボンドストリートから、少し入ると落ち着いた雰囲気の場所に。。。ヘンデルハウスへ。
ブルー・プラーク
著名人が住んだ事を示すブルー・プラーク Blue plaque
Reheasal@Handel House
ヘンデルの部屋には、ヘンデルが使用していたチェンバロのコピーがあり、今でもコンサートやリハーサルに使用できます。
チラシ
Show More
23 July 2014 William Lawes Harp Consort  in Oxford
マイケル・ロウと。
ハープコンソート
マイケル・ロウの工房
Oxford 23
Show More
2014/8/6 Poppea in Aldeburgh 
reheasal
rehersal
with
Show More
​4th Oct. 2014, AAM ロンドン公演 『ポッペアの戴冠』@バービカンセンター
リハーサル
ポッペア:リン・ドーソン
アルナルタ:アンドリュー・トルティーズ
リハーサル
オットーネ:イェスタン・デーヴィス
Concert @ バービカンセンター
バービカンセンター
内には、コンサートホール、劇場、映画館、アートギャラリーや、公共図書館、レストランが入っている。何せ、自分の通っていたギルドホールがお隣なので、こちらのカフェによく入り浸ってました。ホールでIphone落としましたが、ちゃんと戻っていました。治安もGOOD!!!
↓バービカンのリンク
Show More
16th Jan. 2015 Handel's Harp~ヘンデルのハープと歌の世界@サルビアホール
チラシ:表
チラシ:裏
with 中村裕美さん
3台のヒストリカルハープ
ゴシックハープ
ルネッサンスハープ
バロックハープ
Show More
13th Feb. 2015 HFJ アレクサンダーの饗宴 ハープ協奏曲併演@浜離宮朝日ホール
チラシ
ヘンデルフェスティバルジャパンのリンク↓
リハーサル
Show More
15'6.21 コントラポント結成10周年記念第20回定期演奏会@東京カテドラル聖マリア教会
聖母マリアの夕べの祈り Recording
残響はなんと、7秒!!
聖堂内部
高い天井と天窓から降り注ぐ光は、神秘的。十字架は、高さ17メートル。
東京カテドラル聖マリア大聖堂
Show More
29, 31 July 2015 VIva Maria 〜聖母マリアに捧ぐ @ サルビアホール, オペラシティ近江楽堂
リハーサル
スパニッシュバロックハープ
Concert@サルビアホール
Show More
2nd Sep. 2015 Mie Ito Baroque Harp Recital @ St Botolph without Aldgate, London
St Botolph without Aldgate
バロックハープ 伊藤美恵
Show More
17-19 Sep. 2015 AAM​ ルーマニアツアー 『ウリッセの帰還』@ Romanian Athenaeum
エネスク音楽祭
ジョルジュ・エネスク国際音楽祭(1958年の創設)
2年に一度、ルーマニアの首都ブカレストで開催される、ヨーロッパの夏の音楽祭の最後を飾るにふさわしい大規模な音楽祭で、期間中に権威あるコンクール(ピアノ、ヴァイオリン、作曲)も行われる。
アテネ音楽堂内部
大理石のバルコニー、幅広のらせん階段と豪華。
ウリッセの帰還
カーテンコール
コンサートホールには、ルーマニアの歴史を描いた長さ70メートル、高さ3メートルのフレスコ画が描かれている。
Show More
Nov. 2015 AAM イタリアツアー 『ポッペアの戴冠』@ Scuola Grande de San Rocco
Show More
16,18 Dec. 2015 エマ・カークビーのクリスマス@Hakuju Hall(東京) & ザ・フェニックスホール(大阪)
rehearsal with Takashi Tsunoda
@ Hakuju Hall
@ザ・フェニックスホール
コンサート終了後
プログラム
Show More
17,19th March 2016 伊藤美恵バロックハープリサイタル〜オルフェオの竪琴〜@サルビアホール, オペラシティ近江楽堂
Show More
14 Aug& 17th Sep 2016 古山和男リサイタル@中津川文化会館(岐阜)&求道会館(東京)
チラシ
レクチャーコンサート
お祭り
Show More
16th Nov. 2016 歌とハープで綴る、ヨーロッパの古い歌@アグネスホテル
Show More
20th Nov. 2016 シェイクスピアの音楽とイギリス古謡の世界 @ 北とぴあつつじホール
チラシ
reheasal@つつじホール
俳優の宇良さんと
垂れ幕
Show More
17th March 2017 ティツィアーノとヴェネツィア派展記念コンサート@東京都美術館講堂
rehearsal
リハーサルを終えて^ ^
東京春音楽祭チラシ
@ 東京都美術館
東京都美術館で開催中の「ティツィアーノとヴェネツィア派展」とのコラボレーション企画。15世紀から16世紀にかけて海洋交易により反映した水都ヴェネツィア。音楽的にもルネサンスからバロックへの移行期間ともいえる激動の時期の、この都市で活躍した作曲家たちの音楽を演奏。
Baroque Harp : 伊藤美恵
ソプラノ:松井亜希
リュート:つのだたかし
Show More
23, 26th Oct. 2018 新・福岡古楽音楽祭プレコンサート&オペラ「オルフェオ』@福岡シンフォニーホール
フォンテヴェルデランチタイムコンサート
講演後
チラシ
リハーサル
ゲネプロ
カーテンコール
Show More
23th Nov. 2017 北とぴあ国際音楽祭「ウリッセの帰還」
チラシ
リハーサル
Continuo Team
カーテンコール
打ち上げ
Show More
7th Dec. 2018  ラ・フォンテヴェルデ 定期演奏会 「戦いと愛のマドリガーレ」@浜離宮朝日ホール
Show More
11th May 2019  ラ・フォンテヴェルデ 「マドリガーレ集全曲演奏シリーズEpilogo @宗次ホール、Hakuju Hall
リハーサル
宗次ホール
終演後、宗次社長と
Show More
ポデスタ宮殿

13世紀のアレンゴの塔を核にして建設。市民のとって重要なイベントの折に鳴らされてきた鐘楼は15世紀に設置されたもの。ファサードは1485年にルネッサンス様式で作り直された地上階にポルティコを持つ姿です。